〈舞台写真撮影:阿部章仁〉

[作・演出]   三谷幸喜
[出演] 小日向文世 段田安則 白井 晃
石田ゆり子 シルビア・グラブ
新妻聖子 今井朋彦 小林 隆
平 岳大 吉田 羊
小林勝也 風間杜夫
[音楽・演奏] 荻野清子

[美術]堀尾幸男 [照明]服部 基 [音響]井上正弘 [衣裳]黒須はな子 [ヘアメイク]河村陽子
[振付]原田 薫 [演出助手]福島三郎 [舞台監督]加藤 高 [プロデューサー]毛利美咲
[企画協力](株)コードリー
1941年秋。ナチスドイツの宣伝大臣を務めるヨゼフ・ゲッベルスは、ベルリン郊外の別荘に映画関係者を集めてホームパーティを開こうとしていた。集められたのはドイツを代表する映画人たち。そこでゲッベルスは、全ドイツの才能を結集した「国民の映画」の構想を彼らに発表する。しかしパーティには、なぜか親衛隊長のヒムラーや空軍総司令官のゲーリングも現れ、事態は思わぬ方向へ……。彼らが一堂に会した夜、虚飾と陰謀に満ちた夜が始まろうとしていた。政治に翻弄される映画人と政治に取り憑かれたナチス高官たちの群像劇。三谷幸喜の新境地。
初日 2011年3月8日(火) パルコ劇場(3/6・7プレビューオープニング)
東京 2011年3月8日(火)〜2011年4月3日(日)パルコ劇場
大阪 2011年4月6日(水)〜2011年4月17日(日)森ノ宮ピロティホール
横浜 2011年4月20日(水)〜2011年5月1日(日)KAAT神奈川芸術劇場 ホール